Room Me Mine

迷子のアラフォー部屋

【Case/No.004-1】予期せぬ “道ならぬ恋” に足を踏み入れてしまいました。アラフォー恋愛のススメ

f:id:nomiyamiho:20210220223827j:plain

先日、人間関係がちょっと面倒な事になっている友人に「大人って複雑よね?」と言われました。

大人も子供も関係なく、時に複雑だったり単純だったりするのでしょうが、「私たちは複雑だ」と思う人間同士がコミュニケートする大人は、より事を複雑にしてしまうのでしょうか。

それは、大人の恋愛にも言えるかもしれません。

 

今日ご紹介するのは、「久しぶりに足を踏み込んだのが禁断の恋で、どう対処していいのか戸惑うメイコさん(43)」です。

メイコさんは20代で結婚しましたが、仕事で多忙な夫とのすれ違いにより30代で離婚を経験したアラフォー女性です。

離婚した30代は、がむしゃらに仕事に励み、自分はもう恋愛も結婚もしないかもしれないと思っていました。

そして40歳が射程圏内に入った時、今の生活に不満があるという訳ではありませんでしたが、漠然とした不安や寂しさを感じるようになりました。

友人が一緒に婚活アプリに登録しようと誘ってきたこともあり、半ばノリでアプリに登録しましたが、

そこまでの意欲もなかったため、結局実際には誰ともデートすることなく40代を迎えました。

 

40歳を過ぎたメイコさんは、相変わらず時折やってくる不安や寂しさをなんとなくやり過ごしていましたが、

友人がお付き合いする相手を見つけたこともあって、いよいよそれらの感情を見て見ぬ振りできなくなりました。

 

「もしかして、もうこのまま誰にも女性として見られないまま人生を終えるのかな。」

 

生々しい自分の想いと向き合った時、メイコさんはショックを受け、しかしだからと言ってその気持ちを昇華するために何をしていいのか全く分からず、一層モヤモヤするだけでした。

 

さて、そんなメイコさんには、仕事以外に夢中になれる趣味がありました。

それはあるゲームで、職場に同じ趣味の後輩がいたことでさらにその熱が高まっていました。

ある時、その後輩がゲーム繋がりの仲間たちと食事会を開くことになり、メイコさんも誘われ参加しました。

そこでメイコさんは、ある男性・Aさんに出会います。

Aさんは、メイコさんより少し年下の39歳。

どちらかと言うと自分より若い世代が多いそのグループの中で、年齢が近く共有できる話が多い彼に対し、メイコさんは好感を持ちました。

参加していたメンバーも皆好印象で、メイコさんは久しぶりに心から楽しい時間を過ごしました。

食事会の後参加メンバーのグループLINEが作られ、直後には割と盛んにやりとりが行われていましたが、それが少し落ち着いてきた頃、メイコさんにAさんから個人的なメッセージが届きました。

Aさんともっと話がしたいと思っていたメイコさんは驚きましたがとても嬉しく、たった一言を返すのに何度も推敲を重ねました。

そしてその日は興奮状態でなかなか寝付けませんでした。

 

メイコさんとAさんはその後も頻繁にやりとりをするようになり、メイコさんの気持ちはどんどん高まっていきました。

共通の趣味の話題に加え、日々のほんの些細なことから仕事の内容など、お互いが喜びそうな言葉をちょっと織り交ぜながら送り合うメッセージは、メイコさんの日常を一気に明るくしました。

つい最近まで「自分はもう恋愛の仕方を忘れた」なんて友人と話していたのに、突如マグマの如く湧いてきた久方ぶりの恋心を持て余しながらも、メイコさんは、溢れ出る脳内ホルモンによってちょっとした無双感を抱き毎日を過ごしました。

 

遂に二人きりで食事に出かけることになり、メイコさんはおかしくなりそうなテンションをなんとか鎮圧させ、でも多分漏れ出してそうだと恥ずかしく思いながらも、初回のデートを無事終えました。

LINEのやりとりで膨れ上がった理想を軽々しく超えてきたAさんに対する想いはもう止まることを知らず、その後も軽いデートを重ね、4回目に食事に行った後、所謂”一線を超え”ました。

 

あまりにもトントン拍子の関係に、メイコさんは「恋愛はある日突然降ってくるんだ」とお花畑全開になりましたが、そこはアラフォーです。全面的に手放しで喜べるという訳ではありませんでした。

一番の大きな疑問。それは、「彼は独身なのだろうか…?」

 

メイコさんは、Aさんにシングルかどうか直接尋ねたことはありません。

最初のグループでの食事会の時からAさんの薬指に指輪は無く、これまでのメッセージのやり取りや会話の中でも、結婚や家庭にまつわる話をする機会はありませんでした。

また、メイコさんはAさんのSNSのページを隈なくチェックしてみましたが、趣味に関する投稿がポツポツあった他は更新もほとんどされておらず、たまに友人からのタグ付けがあるくらいで、そこからリアルな生活を垣間見ることは難しい状況でした。

自分がバツイチであることは、もしAさんが自分のSNSを見ていたら内容から推察できそうだけど、特に聞かれることもなく、自分から話すきっかけもなく、なんとなくズルズルと来てしまい、今更言えないし聞けないと言う状況に陥っていました。

 

これが大人の恋愛の複雑で面倒くさいところです。

長く恋愛市場から離れていると、変な遠慮や謙遜、ボロを出したくない・相手の気分を害したくないと言う気持ちから、なんとなく事を曖昧にして、先延ばしにしてしまいます。

そのせいで、親密な人間関係を構築する上での必要な手続きまで疎かにしてしまうことが往々にして出てきます。

 

しかし、私はこれが全てダメな事だとは思いません。

大人の恋愛は複雑で面倒くさいからこそ、曖昧なものを曖昧なままで楽しむと言うことも、時には大事になってくるのです。

 

しかし、今回のメイコさんの大人恋愛のケースは、この序盤の曖昧さがメイコさんを苦悩させました。

 

メイコさんの数十年ぶりの恋の話ですが、予想以上に長くなってきましたので、次回に続きます。

rmm2021jp.hatenablog.com